信仰のことば

キリスト教(プロテスタント・主に改革派教会)の説教集・神学書を少しづつ読んでいきます。

【Part.2】ジャン・カルヴァン『キリスト者の生活について 第三章』(John Calvin “ON THE CHRISTIAN LIFE CHAPTER III.”)

ja.m.wikipedia.org

 

 

 

 

 

 

3. This Paul teaches when he says that tribulation worketh patience, and patience experience.

このことをパウロは、「艱難は忍耐を生み、忍耐は経験を生む」(ローマ5:3、4)と教えています。

 

 

God having promised that he will be with believers in tribulation,

they feel the truth of the promise; while supported by his hand, they endure patiently.

This they could never do by their own strength.

神は、「苦難の中でも信者と共にいる」と約束されているので、信者はその約束の真実性を感じ、神の御手に支えられながら、忍耐強く耐えるのです。
これは、自分の力では決してできないことです。

 


Patience, therefore, gives the saints an experimental proof that God in reality furnishes the aid which he has promised whenever there is need.

したがって忍耐は、「必要なときにはいつでも、神が約束された助けを実際に与えてくださる」という証拠を、実際の体験を通して聖徒に与えます。

 

 

Hence also their faith is confirmed,

for it were very ungrateful not to expect that in future the truth of God will be, as they have already found it, firm and constant.

それゆえ、彼らの信仰も確かなものとなります。

彼ら自身が既に見出したのと同様に、将来明らかになる神の真理もまた堅固で不変であることを期待しないのは、深刻な忘恩だからです。

 

 

We now see how many advantages are at once produced by the cross.

私たちは今、十字架によっていかに多くの利点がすぐに生み出されるかを見ています。

 

 

Overturning the overweening opinion we form of our own virtue, and detecting the hypocrisy in which we delight, it removes our pernicious carnal confidence, teaching us, when thus humbled, to recline on God alone, so that we neither are oppressed nor despond.

すなわち、十字架によって私たちは、

自分の美徳に対して抱く過剰な評価が覆され、

私たちが喜んでいる偽善が見抜かれ、悪質な“肉”への自信を取り除かれ、

十字架の前に遜る私たちが、圧迫されたり落胆したりしないために、神のみに寄り頼むように導かれるのです。

 

 

Then victory is followed by hope, inasmuch as the Lord, by performing what he has promised, establishes his truth in regard to the future.

勝利に続いて希望が生まれるのは、主が約束したことを実行することによって、将来についてのご自身の真実を立証するからです。

 

 

Were these the only reasons, it is surely plain how necessary it is for us to bear the cross.

これらの理由だけであれば、私たちが十字架を背負うことがいかに必要であるかは明らかでしょう。

 

 

It is of no little importance to be rid of your self-love, and made fully conscious of your weakness; so impressed with a sense of your weakness as to learn to distrust yourself—to distrust yourself so as to transfer your confidence to God, reclining on him with such heartfelt confidence as to trust in his aid, and continue invincible to the end, standing by his grace so as to perceive that he is true to his promises, and so assured of the certainty of his promises as to be strong in hope.  

自己愛を捨て、自分の弱さを十分に自覚すること、

自分の弱さを痛感して自分を信じることを学ぶこと、

自分を信じて神に信頼を移すこと、

神の助けを信頼して最後まで無敵でいられるように心からの信頼を持って神に寄り添うこと、

神が約束に忠実であることを理解できるように神の恵みに支えられて立つこと、

神の約束の確かさを確信して希望を強く持つこと、

これらは決して軽視されて良いことではありません。

 

 

4. Another end which the Lord has in afflicting his people is to try their patience, and train them to obedience—not that they can yield obedience to him except in so far as he enables them; but he is pleased thus to attest and display striking proofs of the graces which he has conferred upon his saints, lest they should remain within unseen and unemployed.

4. 主がご自分の民を苦しめるもう一つの目的は、彼らの忍耐を試し、彼らを従順に訓練することです。

彼らは、主が可能にしてくださる限りにおいてのみ、主に従うことができるわけではありませんが、主は、聖徒に与えられた恵みが目に見えないままで無職のままであることを防ぐために、このようにしてその恵みの顕著な証拠を証明し、表示することを喜ばれます。

 

 

Accordingly, by bringing forward openly the strength and constancy of endurance with which he has provided his servants, he is said to try their patience.

したがって、神がしもべに与えた忍耐力の強さと不変性を公然と示すことで、彼らの忍耐力を試すと言われています。

 

 

Hence the expressions that God tempted Abraham, (Gen. xxi. 1, 12,) and made proof of his piety by not declining to sacrifice his only son.

それゆえ、神はアブラハムを誘惑し(創世記22:1、12)、一人息子の犠牲を辞さないことで彼の敬虔さを証明したという表現があります。

 

 

Hence, too, Peter tells us that our faith is proved by tribulation, just as gold is tried in a furnace of fire.

また、ペテロは、金が火の炉で試されるように、私たちの信仰は苦難によって証明されると言っています。

 

 

But who will say it is not expedient that the most excellent gift of patience which the believer has received from his God should be applied to uses by being made sure and manifest?

しかし、信者が神から受けた忍耐という最も優れた賜物が、確かなものにされ、明らかにされるという風に用いられることが、好ましくないと言う人がいるでしょうか。

 

 

Otherwise men would never value it according to its worth.

もしその様な形で賜物が用いられなければ、人はそれをその価値に応じて評価することはできないでしょう。

 

 

But if God himself, to prevent the virtues which he has conferred upon believers from lurking in obscurity, nay, lying useless and perishing, does aright in supplying materials for calling them forth, there is the best reason for the afflictions of the saints, since without them their patience could not exist.

逆に、信者に与えた美徳が隠れてしまったり、役に立たずに消えてしまったりするのを防ぐために、神御自身それらを呼び起こすための材料を正しく提供するならば、聖人の苦悩には最大の理由があります。

苦悩なしに彼らの忍耐は存在し得ないからです。

 

 

I say, that by the cross they are also trained to obedience, because they are thus taught to live not according to their own wish, but at the disposal of God.

私は、十字架によって彼らも従順に訓練されると言います。

なぜなら、彼らはこのようにして、自分の望みに従って生きるのではなく、神に委ねて生きることを教えられるからです。 

 

 

Indeed, did all things proceed as they wish, they would not know what it is to follow God.

実際、万事が自分の思い通りに進んでいたら、彼らは神に従うことが何であるかを知らないでしょう。

 

 

Seneca mentions (De Vit. Beata, cap. xv.) that there was an old proverb when any one was exhorted to endure adversity, “Follow God; thereby intimating, that men truly submitted to the yoke of God only when they gave their back and hand to his rod.

セネカは(『幸福な人生について』15章)、逆境に耐えるように勧められたときに、「神に従え」という古い諺があったことを述べていますが、これは、人が真に神のくびきに従うのは、背中と手を神の棒に委ねたときだけであることを意味しています。

 

 

But if it is most right that we should in all things prove our obedience to our heavenly Father, certainly we ought not to decline any method by which he trains us to obedience.

しかし、もし私たちのことにおいて「天の父への従順さを証明すること」が最も正しいことであるならば、天の父が私たちを従順に訓練するいかなる方法も拒否すべきではありません。