信仰のことば

キリスト教(プロテスタント・主に改革派教会)の説教集・神学書を少しづつ読んでいきます。

【Part.3】ジャン・カルヴァン『キリスト者の生活について 第二章』(John Calvin “ON THE CHRISTIAN LIFE CHAPTER II.”)

ja.m.wikipedia.org

 

 

 

 

 

4. Moreover, we see by these words that self-denial has respect partly to men and partly (more especially) to God, (sec. 8–10.)

4. さらに、この言葉によって、自己犠牲が、部分的には人間に対して、部分的には(特に)神に対して行われることがわかります(8-10節)。

 

 

For when Scripture enjoins us, in regard to our fellow men, to prefer them in honour to ourselves, and sincerely labour to promote their advantages (Rom. xii. 10; Phil. ii. 3,) he gives us commands which our mind is utterly incapable of obeying until its natural feelings are suppressed.
なぜなら、聖書が同胞に対して、自分よりも彼らを尊び、彼らの利益を増進するために真摯に働くことを義務づけているとき(ローマ12:10、フィレモン2:3)、その御言葉は私たちに、自然な感情を抑えない限り、私たちの心がまったく従えない命令を与えているからです。

 

 

For so blindly do we all rush in the direction of self-love, that every one thinks he has a good reason for exalting himself and despising all others in comparison.

私たちは皆、やみくもに自己愛の方向に突き進み、誰もが自分を高く評価し、それに比べて他のすべての人を軽蔑する正当な理由があると考えているからです。

 

 

If God has bestowed on us something not to be repented of, trusting to it, we immediately become elated, and not only swell, but almost burst with pride.

もし神が私たちに何でも惜しみなく、信頼に値するものを授けてくださったなら、私たちはすぐに高揚し、膨らむどころか破裂してしまうほどの高慢さを抱くことになります。

 

 

The vices with which we abound we both carefully conceal from others, and flatteringly represent to ourselves as minute and trivial, nay, sometimes hug them as virtues.

私たちにあふれる悪徳は、他人には注意深く隠し、自分自身にはお世辞にも微細でつまらないものと表現し、時には美徳として抱きしめることもあります。

 

 

When the same qualities which we admire in ourselves are seen in others, even though they should be superior, we, in order that we may not be forced to yield to them, maliciously lower and carp at them; in like manner, in the case of vices, not contented with severe and keen animadversion, we studiously exaggerate them.

自分の中で賞賛しているのと同じ資質が他人の中に見られると、たとえそれが優れたものであっても、自分がそれに屈せざるを得なくなるのを防ぐために、悪意を持ってそれを低く評価し、ひれ伏させます。
同様に、悪徳の場合は、厳しく鋭く反論するだけでは飽き足らず、熱心に誇張します。

 

 

Hence the insolence with which each, as if exempted from the common lot, seeks to exalt himself above his neighbour, confidently and proudly despising others, or at least looking down upon them as his inferiors.

それゆえ、各人が、あたかも共通の重荷から免除されているかのように、隣人よりも自分を高めようとし、自信と誇りを持って他人を軽蔑するか、少なくとも自分よりも下位の者として見下すような横柄な態度をとるのです。

 

 

The poor man yields to the rich, the plebeian to the noble, the servant to the master, the unlearned to the learned, and yet every one inwardly cherishes some idea of his own superiority.

貧乏人は金持ちに、平民は貴族に、召使いは主人に、無学な者は学識者に屈しますが、誰もが内心では自分が優れていると考えています。

 

 

Thus each flattering himself, sets up a kind of kingdom in his breast; the arrogant, to satisfy themselves, pass censure on the minds and manners of other men, and when contention arises, the full venom is displayed.

このようにして、各人は自分を満足させるために、胸の中に一種の王国を築きます。
傲慢な人は、自分を満足させるために、他の人の心や態度を非難し、争いが起きれば、その毒を最大限に発揮します。

 

 

Many bear about with them some measure of mildness so long as all things go smoothly and lovingly with them, but how few are there who, when stung and irritated, preserve the same tenor of moderation?

多くの人は、すべてのことが順調で愛情に満ちている間は、ある程度の温和さを持ち合わせていますが、刺されたり刺激を受けたりしたときに、同じように節度ある態度を保つ人はどれほど少ないでしょうか。

 

 

For this there is no other remedy than to pluck up by the roots those most noxious pests, self-love and love of victory.

This the doctrine of Scripture does.

これを解決するには、自己愛と勝利への愛という最も有害な病害虫を根こそぎ摘み取る以外にありません。

聖書の教義がこれを実現するのです。

 

For it teaches us to remember, that the endowments which God has bestowed upon us are not our own, but His free gifts, and that those who plume themselves upon them betray their ingratitude.

それは、神が私たちに与えてくれた能力は、私たち自身のものではなく、神の無償の贈り物であること、そして、その能力を誇示する者は恩義を裏切ることを忘れないようにと教えているからです。

 

 

“Who maketh thee to differ,” saith Paul, “and what hast thou that thou didst not receive? now if thou didst receive it, why dost thou glory, as if thou hadst not received it?” (1 Cor. iv. 7.)

 「誰があなたを、特別な者にしたのですか」
パウロは問いかけます。
「まだ受け取っていないものがあるのですか?
もし受け取っているなら、なぜ受け取っていないかのように主張しているのですか?」(第一コリント4:7) 

 

 

Then by a diligent examination of our faults let us keep ourselves humble.

そして、自分の欠点を熱心に調べることで、自分を謙虚に保ちましょう。

 

 

Thus while nothing will remain to swell our pride, there will be much to subdue it.

そうすれば、私たちのプライドを膨らませるものは何も残らず、それを抑えるものがたくさん出てきます。

 

 

Again, we are enjoined, whenever we behold the gifts of God in others, so to reverence and respect the gifts, as also to honour those in whom they reside.

また、人の中に神の賜物を見るときには、その賜物を敬い、尊重するとともに、その賜物が宿っている人を敬うように、私たちは命じられています。

 

 

God having been pleased to bestow honour upon them, it would ill become us to deprive them of it.

神は彼らに名誉を与えることを喜ばれたので、彼らから名誉を奪うことは私たちに相応しい行いではありません。

 

 

Then we are told to overlook their faults, not, indeed, to encourage by flattering them, but not because of them to insult those whom we ought to regard with honour and good will.

そして、彼らの欠点を見過ごし、おだてて励ますのではなく、その欠点のために、名誉と善意をもって見なすべき人々を侮辱してはならないと言われています。

 

 

In this way, with regard to all with whom we have intercourse, our behaviour will be not only moderate and modest, but courteous and friendly.

このようにして、私たちが接するすべての人に対して、私たちの行動は、節度と慎みがあるだけでなく、礼儀正しく、親しみやすいものになります。

 

 

The only way by which you can ever attain to true meekness, is to have your heart imbued with a humble opinion of yourself and respect for others.

真の「柔和」に到達する唯一の方法は、自分に対する謙虚な評価と他人に対する尊敬の念を心に抱くことです。