信仰のことば

キリスト教(プロテスタント・主に改革派教会)の説教集・神学書を少しづつ読んでいきます。

【Part.3】アンドリュー・マーレー 説教『ああ、私は哀れな者です!』(Andrew Murray “O wretched man that I am!”)

ja.wikipedia.org

   

 

 

THE WRETCHED MAN

【哀れな者】

 


Not only is the man who makes this confession a regenerate and a weak man, but he is also a wretched man.

この告白をする人は、再生者であり、弱い人間であるだけでなく、惨めな人間でもあります。

 

 

He is utterly unhappy and miserable.

What is it that makes him so utterly miserable?

彼は全く不幸で惨めです。
何が彼をこんなにも惨めにしているのでしょうか?

 

 

It is because God has given him a nature that loves Himself.

それは、神が彼に御自身を愛する性質を与えたからです。

 

 

He is deeply wretched because he feels he is not obeying his God.

彼が深く悲しむのは、自分が神に従っていないと感じているからです。

 

 

He says, with brokenness of heart:

"It is not I that do it, but I am under the awful power of sin, which is holding me down. It is 1, and yet not 1: alas! alas! it is myself; so closely am I bound up with it, and so closely is it intertwined with my very nature."

彼は、心を砕いて言います。
「私がやっているのではなく、私は罪の恐ろしい力の下にいて、それが私を押さえつけている。
私がやっているのではなく、私が罪の恐ろしい力の下にいて、私を縛っている。

私でありながら、私ではない。悲しいかな、悲しいかな、それは私自身なのだ。

 

 

Blessed be God when a man learns to say: "0 wretched man that I am!" from the depth of his heart.

人が心の底から「ああ、私は哀れな者だ」と言える様になるとき、神は祝福してくださるでしょう。

 

 

He is on the way to the eighth chapter of Romans.
彼はローマ人への手紙の第8章に向かっているのです。

 

 

There are many who make this confession a pillow for sin.

この告白を罪の枕にする人がたくさんいます。

 

 

They say that if Paul had to confess his weakness and helplessness in this way, who are they that they should try to do better? So the call to holiness is quietly set aside.

彼らは言うのです。
パウロがこれ程に自分の弱さや無力さを告白しなければならなかったのなら、誰がパウロ以上に、より良く生きられるだろうか?」

 

 

Pray God that every one of us would learn to say these words in the very spirit in which they are written here!

私たち一人一人が、ここに書かれているような精神でこの言葉を言えるようになることを神に祈りましょう。

 

 

When we hear sin spoken of as the abominable thing that God hates, do not many of us wince before the word?

罪が神の嫌う忌まわしいものとして語られるのを聞くと、私たちの多くはその言葉を前にして身震いするのではないでしょうか?

 

 

If only all Christians who go on sinning and sinning would take this verse to heart.

罪を犯し続けているすべてのクリスチャンが、この聖句を心に留めてさえくれたら良いのですが。

 

 

If ever you utter a sharp word say:

"0 wretched man that I am!"

もしあなたが鋭い言葉を発したなら、こう言ってください。
「ああ 私は哀れな者だ。」

 

 

And every time you lose your temper, kneel down and under stand that God never meant His child to remain in this state.

そして、自分がキレるたびに、ひざまずいて、神は自分の子供がこのような状態でいることを意図していなかったことを理解するのです。

 

 

If only we would take this word into our daily life, and say it every time we are touched about our own honor!

もし私たちがこの言葉を日常生活に取り入れ、自分の名誉に傷つくたびにこの言葉を言うことができたら。

 

 

If only we would take it into our hearts every time we say sharp things, and every time we sin against the Lord God, and against the Lord Jesus Christ in His humility and in His obedience and in His self-sacrifice!

尖ったことを言うたびに、また、主なる神や、主イエス・キリストの謙虚さや従順さや自己犠牲を損なう罪を犯すたびに、この言葉を心に刻むことができたら。

 

 

Pray God that we could forget everything else, and cry out: "0 wretched man that I am! who shall deliver me from the body of this death?"

私たちが他のすべてを忘れて、叫ぶことができるように神に祈りましょう。
「ああ、私は哀れな者です!誰がこの死の体から救い出してくれるでしょう?」

 


Why should you say this whenever you commit sin?

なぜ罪を犯すたびにこのように言わなければならないのでしょうか。

 

 

Because it is when a man is brought to this confession that deliverance is at hand.

なぜなら、人がこの告白をするときにこそ、救いがもたらされるからです。

 

 

And remember, it was not only the sense of being weak and taken captive that made him wretched.

そして、覚えておいてください。
彼を惨めにしたのは、自分が弱くて罪に捕らわれているという感覚だけではなかったということです。

 

 

It was, above all, the sense of sinning against his God.

何よりも、自分の神に対して罪を犯しているという感覚があったのです。

 

 

The law was doing its work, making sin exceedingly sinful in his sight.

律法がその務めを果たすことで、彼の目の前で罪が非常に罪深いものになっていたのです。

 

 

The thought of continually grieving God became utterly unbearable.

「絶えず神を悲しませている」という思いは、全く耐えられない程になりました。

 

 

It was this that brought forth the piercing cry:

"0 wretched man!"

このことが、彼の心に響く叫びをもたらしたのです。
「なんと哀れな人間なんだ!」

 

 

As long as we talk and reason about our inability and our failure, and only try to find out what Romans, chapter seven, means, it will profit us little.

自分の無力さや失敗について議論したり推論している限り、またローマ人への手紙7章の言わんとすることをただ探ろうとしているだけでは、それは我々に大した益をもたらさないでしょう。

 

 

But once every sin gives new intensity to the sense of wretchedness, and we feel our whole state as one of not only helplessness, but actual, exceeding sinfulness, we will be pressed not only to ask: "Who shall deliver us?"

but to cry:"I thank God through Jesus Christ my Lord."

しかし、すべての罪が更なる惨めさの感覚を与え、我々が自分の状態をただ無力であるだけでなく、非常に罪深いものとして感じるようになると、我々は「誰が私たちを救い出してくれるのか」と尋ねるだけでなく、こう叫ぶでしょう。「私の主イエス・キリストを通して神に感謝します」

 

 

 

 

 

 

read.amazon.com